自己資金をあまり持ってませんが購入できますか?

自己資金とは、物件の購入に充当する頭金と諸費用の合計です。
金融機関(主に銀行)によっては、100%のローンや諸費用ローンなどの利用ができる場合もあるので、お気軽にご相談ください。

住宅の購入時の諸費用を教えてください。

売買代金以外に必要となる諸費用については、登録免許税【司法書士手数料】、印紙税、ローンを利用する場合の事務手数料、不動産取得税等の税金や、保険料、保証料など、さらに売買契約の仲介手数料もございますので、一般的に売買代金の6%~9%程度かかります。

購入時の手付金は売買価格に対してどのくらいでしょうか?

一般的に、手付金は売買代金の5%~10%を売主様にお支払いいただきます。
契約の解除等で必要になるのが手付金になります。
容易に契約の解除ができないよう売主様、買主様双方にとって低額な手付金の設定はあまり好ましいものでは無いと思います。

最近転職したばかりなのですが、住宅ローンの借入はできますか?

原則勤続年数1年以上が住宅ローンの借入基準となるますが、例外としてそれより短い場合でも借りられる場合もあり、その場合転職理由や、年収等条件がございます。
金融機関によって審査の基準は異なりますのでお気軽にご相談ください。

車のローン等の借入が残っておりますが、それでも住宅ローンを利用することはできますか?

もちろん住宅ローンを申し込む前に車のローン等を完済していた方が理想的です。
診査会社により住宅ローンの月々の支払いができるかどうかの審査が行われます。車のローンの残金が多額の場合は住宅ローンの借入額に影響します。

夫婦それぞれで資金を出し住宅を購入した場合、名義はどうなるんでしょうか?

ご夫婦それぞれの資金を出す場合(銀行融資も含む)、共有名義にする必要があります。共有名義の場合、住宅の持分は夫婦それぞれ出資した割合に応じる形になります。

不動産の売買をするとどのような税金がかかりますか。

1)印紙税(売買契約書に貼る印紙)
2)登録免許税(所有者変更の登録料)
3)不動産取得税
4)固定資産税、都市計画税

今すぐお電話

御船町で住宅用の事業用に限らず、土地の売買、賃貸などをご検討中の皆様、火の国不動産へご連絡下さい。御船町の魅力だけではなく、メリット・デメリットをしっかりお伝えした上で理想の物件を探すお手伝いをしたいと思っております。